お知らせ

「実践日本語指導法入門コース2016/11/26,27」内容とQ&A

一、国内外日本語教育の現状 1.海外 国際交流基金 2012年調査データ 2.国内 外務省2015年データ 3.課題 コミュニケーション言語としての日本語教育 文化発信の基盤としての日本語教育 情報化社会における日本語教育 二、技能実習生の日本語教育 1.現状 ①技能実習制度 ②最もニーズが高まっている、日本語教員不足。 ③実習生向け教材がない。指導法がない。継続教育体制がない。 ④生徒像 2.達成目標 ①50音仮名文字をマスターする(読み書き聞く話す)・辞書使用・日本語入力・ネット検索法を習得する ②挨拶は異なる人物場面での正しい言葉遣いとマナー、流暢な自己紹介、分からない時の質問、間違った時の謝る言葉、感謝の言葉 ③7W3Hに基づく基本会話/単語(聞く話す力を重視する会話力=コミュニケーション力) ④日本の文化習慣、法的知識(労基法、交通ルール、軽犯罪実例等)、会社規則及び生活常識マナーの習得、独学能力とわからない時の聞く力の養成 ⑤専門用語 3.授業法 ①脳の特性を活かした効率的な授業法  ②完全日本語授業方式による実践教育の実施  ③脳科学理論に基づき授業の作り方 ④科目設定 ⑤生徒を教師役に ⑥自作教材を作る 4.教師の自己トレーニング ①教育者とは  ②教員の役割  ③教員の資質 三、国際職業開発協会の日本語教員育成プロジェクト 1.国内外に国際職業開発学院 ①カンボジアプノンペン(可能であれば現地とつないでネット授業を体験してもらいます) ②京都 ③中国上海 2.提携校 ①ベトナムハノイ ②埼玉県 ③石川県

「実践日本語指導法コース」について

特定非営利活動法人国際職業開発協会 の「実践日本語指導法コース」は、大手前大学通信教育部の「日本語教員養成課程」学生のために、日本語教師となるための3つのコースを用意しました。  このコースを「入門」→「基礎」→「実力」と進むことによって、どこでも活躍できる日本語教師としてスタートできるようになります。 「入門」・・・日本語教師になるための心構え、基礎知識、外国人に日本語を教えるポイントを土日2日間で身に付けることができます。「基礎」コースに進むために必ず受けて頂きます。 「基礎」・・・外国(3ヶ月)や国内(1ヶ月)の技能実習生日本語実習で、インターンシップを通して日本語教育を実践することができます。通常のインターンシップは行く学生が研修費用を負担しますが、このコースでは奨学金がもらえます。また現地の清潔で安全な宿舎をご用意します。旅費と保険は自分で出して頂きます。「実力」コースに進むために必ず受けて頂きます。 「実力」・・・日本語教師としてデビューできる実力を土日2日間で身に付けることができます。コース修了後は、外国や国内の学校や大学や会社に日本語教師として紹介されたり派遣されたりします。もちろんお給料はもらえます。

実践日本語指導法入門コースのご案内 2016/11/26・27

本年度も大手前大学通信教育部の日本語教員養成課程学生を対象に「実践日本語指導法入門コース」を下記の要領で行います。昨年参加された方は全員、カンボジア(プノンペン)の日本語教育インターンシップに参加され、日本語教師となるための貴重な体験をされました。今後、カンボジア(プノンペン)に加えて、日本(京都、石川)、中国(上海)、ベトナム(ハノイ)でもインターンシップを行う予定をしています。日本語教師として実力を付けて、正式に日本語教師としてデビューされたい方はぜひ今回の「実践日本語指導法入門コース」を受けられることをお勧めします。 開催日時: 平成28年11月26日(土)、27日(日)両日ともに9時~17時 場  所: 大手前大学 さくら夙川キャンパス 費  用: 2万円 申込み、問合せ: 電話  03-6451-1487(平日10時~19時) , 携帯 090-8478-1487(いつでも) メール info@aicd.jp  , aicd@softbank.ne.jp

特 集
アーカイブ
タグ

電話 050 (5277)6577

Copyright © 2014 Association of International Career Development All Rights Reserved.